Homeへ

 悪化し続ける函南町の競争入札   2019/08/1更新

(1)入札談合について

 我が国では、年間にいくつもの談合が発覚し、新聞やテレビで報道されています。そして、それを制限するための規制が作られたり、独占禁止法が改正されたりしたのだが、いっこうに減る様子はありません。

「談合」はなぜなくならないのか? どうしたら防げるのか?
発注者、受注者のみならず税金を無駄遣いされる納税者にとっても見逃せない課題です。

かって「よい談合」や「談合は必要悪」の議論がありましたが、談合がどのように解釈されようと基本的に違法であることに変わりはありません。自ら違法行為を行うことは犯罪ですし、談合に眼を瞑ることは違法に目を瞑ることです。

実質的には、談合は納税者の納めた税金を割いて談合業者にヤミ補助金を与えるものであり、仮に談合業者へメリットを与えることが函南町の地域振興や雇用確保等の効果を期待できるものであっても、納税者が不利益を被り、不平等な行為であることは明らかです。談合は、あってはならないのです。

「談合をしないと体力や資金力のある外部の大手業者が入札で落札してしまい、地元の中小の業者が吹き飛ばされてしまう。地元工事業者が崩壊したら、災害時の復旧作業、通常の道路・河川といった作業活動は誰がやるのか」、「談合は地元の業者を護り、平等に工事を割り当て、地元を繁栄させるために必要な仕組みだ」
とした考えに影響されて、発注者が談合を自ら運用あるいは黙認している場合があると思います。

談合については、ほとんどの場合、発注機関の職員が関与する「官製談合」であるか、少なくとも当該職員の黙認下にある、との指摘もあります。

函南町の落札率の実態や漏れ聞こえてくる噂話等からみて、函南町が不正入札・談合と無関係であるとは決して言えません。

談合がなくても、企業は努力次第で生き残れます。談合がなければ企業競争に敗れて潰れてしまうような企業を住民から集めた税金で支えることはおかしなことです。

町の発注部門や管財課が、談合や漏洩の疑いに気づくことはあると思います。
発注担当者、上位者としては強い意識をもって厳しく対応・追求すべきことです。

トップ以下、組織全体に徹底した意識付けを行うと共に、談合を断ち切る入札制度構築に踏み切るべきです。



       
        
   

函南町で平成30年度に行われた入札の総計(入札不調分、単価契約、賃貸借契約分を除く)は、件数217件、予定価格合計26億27百万円、落札価格合計24億98百万円でした。

同数字から、函南町の平成30年度平均落札率は、“談合が行われている可能性が極めて高い”と定義される95%を超えて95.1%であると計算されます。多数入札案件のうち何件かが95%を超えたと言うのなら理解できますが、全入札の平均落札率が95%を超えているということは函南町の入札は談合に染まっていることを示しています。

函南町の平成29年度の平均落札率は91.5%でしたが、平成30年度は急激に95.1%にまで上昇しました。

談合を封じ込めている自治体―横須賀市、座間市、久居市(三重県)の実績では、平均落札率は7085%になっているそうです。函南町の平成30年度平均落札率95.1%が、仮に70%であれば659百万円、85%であれば265百万円が節減でき、それは町の行政や住民福祉等に使えるのです。
逆に言えば、函南町は住民から集めた税金のうち、659百万円~265百万円の闇金を落札業者へ支払っている可能性があると言うことです。


全国市民オンブズマン連絡会議は、
・落札率が90%を超える場合は「談合が行われている可能性があり」、
・落札率が95%を超える場合は「談合が行われている可能性が極めて高い」と定義しています。

上記全国市民オンブズマン連絡会議の定義に該当する全ての事例が、“談合”であると断言することはできません。しかし、“可能性がある”、“可能性が極めて高い”と判断されるのです。


 
(2)平成30年度函南町の入札実態を、いろんな視点から見てみましょう

①「1社入札」の割合が更に大幅に増えてしまった   
  平成30年度は、下表のとおり、「1社入札」が全体217回のうち75回(全体の34.6%)も発生しました。
 「1社入札」とは入札に参加した会社が1社のみで、入札(開札)会場内に競争相手が存在しない状態
  を言います。
即ち、競争入札と言いながらも、競争が成り立っていない入札34.6%あるのです

 「1社入札」が入札として有効か無効であるか、意見は分かれます。

 ・入札参加者が1社しかないのであれば、その時点で競争性が確保されなくなったので、入札にはなら
  ないので無効であるという判断があります。
  そして、1社入札が判明した時点で、入札を一旦取りやめにして、再度、入札に参加する条件(仕様書
  など)を見直し、複数の会社が入札に参加できるようリセットし、もう一度、最初から入札手続きを
  やり直すべき、という考え方です。

 ・もう一方の考えは、「入札を実施するときは、予定価格という、適正価格の基準がある。1社入札だと
  しても、予定価格以下の金額でしか落札しませんので予定価格によって経済性は担保されている。
  もし再入札することにすればそれに要する費用や時間を考えると実際的ではない」、従って有効とすべ
  きだとする考えです。競争は成り立っていませんが・・。

 ここで、「1社入札」の無効・有効を争うつもりはありません。
 少しでも多くの入札参加者を集め、競わせて、少しでも経済性の高い入札を運営すべきことは、行政としての
 当然の努力であり、それが大きく逆方向に進んでしまったことを指摘するものです。
                 

 下表のとおり函南町の平成30年度入札のうち、1社応札が全体217回のうち75回(34.6%)もあります。
 即ち、平成30年度に函南町で行われた全入札217件のうち1/3強は、競争が成り立っていない入札であったと
 指摘されます。
 2社応札(64回)でも競争としては不十分であると考えれば、平成30年に函南町で行われた全入札の半数以上
 (64.1%)が適切な競争を確保できていないことになります。


 
函南町の「1社入札」の割合は
 平成27
年度は 0件、
 平成28
年度は 4件、
  平成29年度は59件で、
 平成29年度に大きく跳ね上がったのですが、
平成30年度は更に大きくそれを更新し75件で
あったという異常ぶりです。
 
応札社数 入札回数 構成比 合計予定価格(円) 合計落札金額(円) 落札率
1社 75回 34.6% 356,545,039 335,882,949 94.2%
2社 64回 29.5% 423,042,318 402,073,800 95.0%
3社 30回 13.8% 247,957,450 233,731,155 94.3%
4社 18回 8.3% 210,764,000 200,490,000 95.1%
5社 9回 4.1% 1,008,775,289  991,405,300 98.3%
6社 7回 3.2% 140,274,000 126,180,000 90.0%
7社 4回 1.8% 173,844,000 158,940,000 91.4%
8社 4回 1.8% 25,107,000 21,080,000 84.0%
9社 1回 0.5% 8,360,000 5,000,000 59.8%
10社 1回 0.5% 13,140,000 8,500,000 64.7%
11社 2回 0.9% 13,475,000 9,590,000 71.2%
12社 1回 0.5% 840,000 600,000 71.4%
15社 1回 0.5% 5,240,000 5,000,000 95.4%
総計 217回 100.0% 2,627,364,096 2,498,473,204 95.1%
注:応札社数5社の合計落札金額が大きいのは、函南中学校大規模改修工事875,000,000円の
落札案件が1件混じっているからです。同案件の落札率は98.6%でした。
 

   これ
近隣の三島市、伊豆の国市の実態と比べても異常です。
   注:平成30年度の両市の数字を把握できませんでしたので、平成29年度で比較しました。
年間入札回数 1社入札回数 同左割合 応札社数の平均
函南町 221回 59回 26.7% 2.9社
三島市 178回 17回 9.6% 4.5社
伊豆の国市 200回 0回 0.0% 7.4社

函南町は両市と比べて1社入札回数が異常に多く、
函南町で行われている競争入札は、 両市と比べて、質が大きく異なることが判ります。

  競争性を確保した入札を行い、より質の高い経済的な契約締結を目指すべき入札運営のタガが緩んで、
  ルーズな運営になってしまっているのではないでしょうか。


  なぜ、函南町はこんなことになってしまったのでしょうか?
  長年の積み重ねの結果として、悪弊となってしまっているのでしょう。
 

  この責任者は誰なのでしょうか。管財課でしょうか? 発注課でしょうか?
  入札全体の適正執行を監視し指摘する責任を持つのは、誰なのでしょうか。 結局は町長でしょうか?

  入札談合は,入札参加者間の公正かつ自由な競争を通じて受注者や受注価格を決定しようとする
  入札システムをそのものを否定するものであり,函南町の予算の適正な執行を阻害し、納税者である町民の
  利益を損ねる行為であることを、関係者には改めて強く肝に命じて欲しいのです。

 

②平成30年度の函南町各課別の入札による発注状況 
                  (高落札金額順)
担当課 入札件数 予定価格
合計
落札金額
合計
落札率
学校教育課 20 969,075,170 951,281,105 98.2%
上下水道課 54 666,836,600 622,105,469 93.3%
建設課 39 347,403,000 331,750,000 95.5%
都市計画課 13 221,100,009 201,730,000 91.2%
総務課 21 106,783,000 101,422,000 95.0%
環境衛生課 14 95,176,000 86,616,000 91.0%
生涯学習課 14 76,249,954 72,706,230 95.4%
管財課 16 48,441,078 44,205,100 91.3%
産業振興課 14 39,878,185 36,148,000 90.6%
子育て支援課 2 31,700,000 29,720,000 93.8%
健康づくり課 7 15,779,600 12,856,000 81.5%
福祉課 1 5,430,600 4,693,000 86.4%
住民課 1 2,040,900 1,875,300 91.9%
企画財政課 1 1,470,000 1,365,000 92.9%
総計 217 2,627,364,096 2,498,473,204 95.1%
繰り返しますが、落札率90%以上は「談合が行われている可能性がある」、落札率95%以上は「談合が行われている
可能性が極めて高い」です。
  そして、平成30年度のホワイトは、健康づくり課と福祉課だけでした。
各課は、自課の落札率を認識しそれを下げるための努力をして下さい。


③平成30年度 落札額1000万円以上の入札案件
   下表は函南町で平成30年度に行われた1000万円以上の落札全案件(39件)を示していますが、
     39件のうち26件が、
95%以上落札率(談合が行われている可能性が極めて高いとされる)を示し、
     39件のうち12件が、
90.0~94.9%(談合が行われている可能性がある)を示し、
     39件のうち 1件が、90%未満(談合が行われている可能性はない)を示しています。
  平成30年度の高額落札案件39件のうち、談合の可能性がないと評価されるのは僅か1件なのです。
 
下表右列を御覧ください。ほとんど全てが談合が疑われる赤枠です。
公正に行われた入札結果も混じってはいるでしょうが、大多数は“談合が疑われる”の評価です。
信じられないような驚くべき函南町の実態を、数字は示しています!


 
                                            (高落札額順)
担当課 件     名 入札
者数
落札業者 予定価格 落札金額 落札率
学校教育 函南中学校大規模改修工事 5 山本建設 887,586,389 875,000,000 98.6%
都市計画 (仮称)川の駅水防多目的センター建築工事 7 加和太建設 152,762,000 139,000,000 91.0%
建設 函南運動公園整備事業 第2調整池躯体構築工事 2 菅沼建設 62,878,000 62,800,000 99.9%
総務 同時通報無線デジタル化整備工事 2 三信電気 62,479,000 61,110,000 97.8%
生涯学習 函南町文化センター等総合管理業務委託 3 エム・アイ総合美装
53,160,000 51,000,000 95.9%
上下水道 宝蔵台地区配水管布設替工事(第3工区) 2 仁科組 45,850,000 45,500,000 99.2%
上下水道 汚水634~636枝線推進工事 3 鈴紘建設 41,489,000 40,500,000 97.6%
建設 町道1-6号線道路改良工事 5 渡辺工務店 40,930,000 39,500,000 96.5%
建設 町道1-8号線道路改良工事 6 菅沼建設 40,830,000 38,600,000 94.5%
上下水道 大竹八ツ溝汚水幹線下水道管路耐震化工事(第1工区) 4 渡辺工務店 37,345,000 36,500,000 97.7%
上下水道 大竹八ツ溝汚水幹線下水道管路耐震化工事(第2工区) 5 菅沼建設 35,704,000 35,200,000 98.6%
環境衛生 函南町ごみ焼却場 灰固形化設備改修工事 3 キムラ 34,451,000 32,500,000 94.3%
上下水道 浄水場管理及び定期水質検査業務委託 1 伊豆総業 33,375,600 32,400,000 97.1%
上下水道 第1浄水場更新詳細設計業務委託 4 大場上下水道設計 34,144,000 32,300,000 94.6%
上下水道 第2・第3浄水場原水水質監視設備設置及び水質計器更新工事 1 平井工業 30,280,000 29,200,000 96.4%
子育て支援 町立幼稚園空調機設置及び電気設備工事 6 長沢電機 30,500,000 28,900,000 94.8%
都市計画 「川の駅」水辺広場整備工事(その2) 5 水口建設 25,975,000 24,780,000 95.4%
上下水道 東部簡易水道遠方監視・制御設備更新工事 1 平井工業 26,120,000 24,600,000 94.2%
上下水道 第2浄水場№2浄水池系電動弁更新工事 1 エム・テック 24,000,000 24,000,000 100.0%
建設 柿沢橋橋梁補修工事 4 しょうじ建設 20,824,000 20,800,000 99.9%
上下水道 汚水4226~4229枝線工事 6 しょうじ建設 20,830,000 20,500,000 98.4%
上下水道 汚水4334~4336枝線工事 4 水口建設 21,168,000 20,500,000 96.8%
建設 無名橋(上沢16号線南)橋梁補修工事 6 函南建設 20,844,000 20,500,000 98.3%
上下水道 汚水939-2-1枝線工事 4 渡辺工務店 22,489,000 20,300,000 90.3%
上下水道 町道柏谷51号線配水管布設替工事(第2工区) 2 仁科組 20,020,000 19,300,000 96.4%
学校教育 函南中学校大規模改修工事監理業務委託 3 蒼設計 19,999,445 19,000,000 95.0%
上下水道 汚水3112枝線工事 4 竹之内建設 18,290,000 18,000,000 98.4%
学校教育 小学校空調設備設置工事設計業務委託 2 蒼設計 19,300,000 18,000,000 93.3%
上下水道 第2浄水場原水流入遮断弁設置工事 1 エム・テック 17,580,000 17,000,000 96.7%
上下水道 汚水6030枝線工事 2 渡辺工務店 15,628,000 15,500,000 99.2%
建設 新田第一樋管・第二樋管連絡水路実施設計業務委託 8 日本水道設計社 15,330,000 13,500,000 88.1%
建設 無名橋(平井(14)76号線)橋梁補修工事 2 竹之内建設 13,407,000 13,200,000 98.5%
管財 冷川住宅外壁・屋根防水塗装工事 3 サクライ 14,352,000 13,040,000 90.9%
上下水道 汚水3112枝線MP設置工事 2 エム・テック 13,132,000 12,900,000 98.2%
上下水道 汚水2037枝線MP設置工事 1 二和工業商会 12,862,000 12,500,000 97.2%
建設 橋梁点検業務委託 4 新日本設計 11,600,000 11,000,000 94.8%
上下水道 水質検査業務 3 環境計量センター 10,979,000 10,709,000 97.5%
学校教育 函南中学校生徒運送業務委託 2 伊豆箱根バス 11,145,000 10,427,500 93.6%
環境衛生 函南町ごみ焼却場電気設備修繕工事 2 平井工業 11,000,000 10,000,000 90.9%
落札額1000万円以上の合計  2,030,638,434 1,970,066,500 97.0%
            函南町Homepageで公開されている「平成30年度入札結果について」から抜粋し整理した

 
④下表は函南町と伊豆の国市の平成30年度入札結果を比べたものです。
                         (単価契約や賃貸借契約の入札は除外した)
函南町 伊豆の国市
入札件数 217件 231件
予定価格合計 A 2,627,364,096円 2,608,088,765円
落札価格合計 B 2,498,473,204円 2,308,953,880円
平均落札率(B÷A×100) 95.1% 88.5%
1入札あたりの
平均応札者数
2.7社 8.9社
<1入札あたりの平均応札者数について>
  伊豆の国市は、応札者数が多く(平均8.9社)、適切な競争関係が成立していると考えられます。
   (細かく調べると、1入札あたり25社の応札が多数ありますし、36社というのもありました。)
  一方函南町の1入札あたりの平均入札者数は、平均2.7社でしかありません。

  函南町は1社入札が217回の入札のうち75回あり、1社入札の割合は全入札回数の34.6%であったことを
  前述しました。函南町の入札は、適切な競争関係が成立していないと考えられます。

  伊豆の国市の管財課あるいは発注部署は、業務毎の応札可能業者をしっかり調査し把握し、応札に
  誘導する努力を常に行っているのであろうことが推定されます。
 

<平均落札率について>
  伊豆の国市の平均落札率88.5%は、大変良いものです。
   1入札あたりの応札者数が多く十分な競争が行われているだろうことに加えて、
   談合を防ぐ目配りや対策が行われている結果であろうと思われます。

  一方、函南町の平均落札率95.1%は、大変悪いものです。
   談合が行われている可能性が極めて高いと評価されます。

   函南町の行政はこんなものなのか~、悔しさ、憤りと共に諦めさえもが湧き出ます。

   もし函南町の平均落札率が伊豆の国市並の88.5%であったのなら、落札価格合計は2,325百万円と計算され
   173百万円節減されることになります。その分だけ町民が納めた税金が無駄に使われていると言えます。

   
 全国の地方公共団体では、予定価格の98%から100%で落札する入札が蔓延し始めており、ほとんどの入札が
 談合であるとの疑いが極めて濃いにも関わらず、発注者(政府、地方自治体)は、
 これだけのことでは談合と断定できないあるいは業者のやっていることで町には判らないなどと言って、
 改善に手を付けずに従来どおり入札を執行しています。

 確かな証拠として挙げることは難しいかもしれませんが、気を付けていれば必ず臭いや素振りがある筈です。

 落札率だけでは断定できないとしても、怪しいことは否定できない筈なのですが、手を付けないのはその方が
 面倒がなく、業者との関係も円満に仕事を回していくには都合がいいからなのでしょう。

 発注担当者としてはコスト(落札率)を下げても特に評価されることはない。
 それより、業者との馴れ合い関係を保つ方が仕事がやり易いと、考えていることはないでしょうか。

 住民の税金を預かり運用している責任感・コスト意識・緊張感が希薄になっていることはないでしょうか。

 我が国で行われている入札の95%が談合による入札であり、談合による発注者の損害は落札額の20%で
 あると推定されています。 函南町が一人例外である筈はありません。


 入札業者にとっては談合すれば数倍の利益が上がるのですから、入札制度が談合しやすいものであり、
 発覚しても大きなペナルティーがない現状では、談合する可能性が高いことは当然なのかもしれません。




 函南町 総務部長 管財課長 殿

当会は次の対応を提言致します。
当提言に対する貴職のお考え等のご回答を賜りますようお願い申し上げます。
なお、貴職ご回答は有無を含め当サイトにて町民に公開させていただきますことをご了承下さい。

                                          2019/08/01

1.入札執行方法の改善
   入札の回を重ねる毎に、いつものメンバーで入札するケースが多くなってきます。メンバー同士が
   顔見知りになり親しくなって、談合の話に繋がっていくことは容易に想像できます。
   これを放置しておくことは、「このメンバーでどうぞ談合して下さい」と言っているのと同じです。


   入札参加業者名が分からない入札制度とすれば、談合しようとする業者は全入札参加業者と話し合う
   ことは難しいことになります。入札参加業者はおよそいつものメンバーだろうとは察しがついても、
   知らない1社が混じっているかもしれません。
   1社でも談合の話を通じることができない企業があれば、談合は成立しません。

   なお、談合入札を抑え込めている前述の横須賀市、座間市、久居市の担当者の聞き取り結果では、
   多数社であることにより発注者の負担が多くて困るとか、不良工事が増えているとの意見はない
   そうです。

  ①入札参加業者数を増やすために、入札者の制限(地域制限や経営事項審査による点数制限)を緩や
    かなものにします。

       地域制限とは:例えば、“函南町内に事業所を置く企業”のような制限。
       経営事項審査とは:日本の建設業において、公共工事の入札に参加する建設業者の企業規模・経営状況など
         の客観事項を数値化した建設業法に規定する審査で、「同点数が500点以上700点未満の企業」のような
         制限。


   業務毎の応札可能業者をしっかり調査しデータベースを充実すると共に、それを増やしていく努力、
    実際に応札してくれるように誘導する努力、を常に行っていくことが必要です。


   次のような目標を設定し、1億円を稼ぎ出して住民のために使うことに役場を挙げて取り組みます。
    応札者数ーー1つの入札に平均8社以上の応札者

    落札率ーーー予定価格の85%未満に定着させる





2.談合によるペナルティーを強化
 

  ①入札業者に対し、「入札談合が判明した場合、入札業者は発注者に対し、
   契約額の10%以上の損害賠償をする」との契約書を提出させる。

  ②入札・談合が明らかになった場合、談合業者に対する損害賠償請求を実施
   するとともに、当該業者に対する入札資格剥奪期間を原則2年とする。


 


3.
入札監視委員会等の第三者機関の設置


  入札及び契約における不正行為の防止等を図るためには、入札監視委員会等
   の第三者機関の活用を推進し、その透明化を図ることが特に重要であると考
   えられる。

  町民の負託を受けた町議会としても、町の執行機関に対する監視機関とし
   て、函南町発展のために入札及び契約における不祥事が発生しないよう、
   役割を果たして欲しい


 
 

 
4.コンプライアンスの徹底

  入札及び契約における不正行為が発生するのは、職員の公務員としてのコンプ
  ライアンスの欠如によるものと、町長をトップとした組織での、監督責任につ
  いてもチェック体制の甘さや馴れ合いがあると推測される。

  これは担当者だけの問題ではない。
  上層部の意識改革が同時に行われることが絶対条件である。

  コンプライアンスを徹底する運動を、役場を挙げて繰り広げるべきである

 
当ページに対するご意見やご回答の連絡先は、トップページ(Home)に記述してあります。

 
 Homeへ