Homeへ

 いつになったら実現するのか!
   議会基本条例/議会報告会/議会インターネット中継 

                                         2019.08.01更新

2006年に、北海道夕張郡栗山町議会が、全国で初めて「議会基本条例」という条例を制定しました。
・議会の使命とは何か。
・住民は議会に対してどのように意見や要望を伝え、それに対して議会はどのように対応するのか。
・町の行政からの政策提案を議会でどのように審議して議決するのかなどについて定めた条例です。

住民と議会とが直接対話をする場を必ず設けることや、町長や行政職員にも議員に対する反問を認め、緊張感を持った活発な議論をしようとするなど、それまでの一般的な地方議会とは違った議会活動を約束する条例でした。
この議会基本条例の制定は全国の地方議会に波及し、議会改革の進捗度を計る一つの尺度となっています。

2006年の栗山町議会の「議会基本条例」制定以降10年余を経過しましたが、残念ながら函南町では未だに議会基本条例は定められていません。
函南町議員は、議会改革の名目で先行市町への行政視察を数多く重ねていますが、一向に具体化しません。
その行政視察の結果、どう教訓を得、函南町としてどうすべきかの報告書も提出されていないようです。
もしかしたら、議会改革を名目にした観光旅行ではないかと思われます。

栗山町議会が改革の最終着地点として目指したのは、議会報告会の制度化であったそうです。

今や議会報告会(意見交換会)は全国の地方議会に広がっており、近隣市町でも数多く行われています。
静岡県東部地域では、伊豆の国市伊豆市伊東市三島市小山町長泉町清水町御殿場市富士市裾野市で行われています。静岡県東部地域14市町のうち、議会報告会が行われていないのは函南町を含む4市町です。
(注:下線文字をクリックすると各該当ページに繋がります。)

わが函南町議会は、自らの議会活動を町民の前に堂々と報告する自信がないのでしょうか。
住民の意見なんて聞いても意味がないと、考えているのでしょうか。


  

          ーー栗山町議会ホームページからーー

議会が住民に信頼され民主的なまちづくりを実現し、効率的な行財政運営を図るには議会と町民との連携が重要です。
地方分権の推進により、自己決定と自己責任が拡大するなかで、まちづくり政策決定過程への住民参加が極めて重要となってきています。

議会報告会は、議員が地域に出向き、直接、町民に対して政策提言や常任・特別委員会など議会活動の状況を町民に報告・説明し、町政に関する情報を提供するとともに、
町民の意見、町政に対する提言などを聴く貴重な機会であると位置付け平成17年3月には全国で2例目、北海道内では初となる議会報告会を実施しました。

こうした住民との交流を通して、議会の機能を高め、活力ある発展を目指すことを目的としています。

議会基本条例の制定のきっかけは、この報告会を是非、継続して実施し、条例に明記すべきだという町民の意見に端を発しています。

 

函南町議会議長 殿 
当会は次の対応を提言致します。
当提言に対する貴職のお考え等のご回答を賜りますようお願い申し上げます。
なお、貴職ご回答は有無を含め当サイトにて町民に公開させていただきますことをご了承下さい。


議会基本条例の制定

議会基本条例の制定状況は、議会改革の進捗度を計る一つの尺度とされていることは前述しました。

議会基本条例の制定状況(2017年7月調査)の資料を見つけました。最新の情報ではありませんので、その後の進捗は判りませんがご紹介します。

我国には1,741の市町村がありますが、制定済みの市町村は797(55.7%)だそうです。

静岡県には、35の市町がありますが、制定済みの市町は20市町(57.1%)で
、次の市町が制定済みです。
静岡市(2012年)、浜松市(2014年)、富士宮市(20173月)、島田市(2009年)、富士市(2010年)、磐田市(2012年)、焼津市(2014年)、掛川市(2013年)、藤枝市(2014年)、袋井市(2015年)、裾野市(2012年)、湖西市(2014年)、伊豆市(2016年)、御前崎市(2016年)、菊川市(2009年)、伊豆の国市(2013年)、牧之原市(2009年)、小山町(2015年)、吉田町(2014年)、川根本町(2013年)

議会基本条例に関連して、函南町議員は多くの他市町を行政視察している筈ですが、一向に具体化しません。
議会改革の進捗遅れを、早期に取り戻したいものです。

 

議会報告会の開催


議会報告会は、議会が住民にとってより開かれたものとなることを目指し、議会の活動の状況の説明責任を果たすとともに、住民からの意見や要望などを把握するために議会が主体となって開催するものです。

議会報告会は、年間1~2回程度、全議員がいくつかの班を編成して町内各地域の公民館や集会所に赴き、議会での審議の経過や結果を説明した後、会場から意見や要望を聞き、それに対して基本的には議会として答える形で行われています。

上述のように、静岡県東部地域14市町では、議会報告会は10市町で行われており、行われていないのは函南町を含む4市町です。

函南町では、いつになったら議会報告会は開催されるのでしょうか?

 
 

議会インターネット中継の実施

近時、多くの地方自治体が議会の映像を録画して、これを編集した後、
当該地方自治体のウェブサイトにアップロードして、住民に公開しています。
住民は、ライブ中継の他、過去の会議名、議員名、議案名や一般質問の質問事項名等をキイワードに過去の映像を検索して閲覧することができます。

平日昼間に開催される議会を傍聴できない働く町民にとって、パソコンやスマートフォンでインターネットに接続すればいつでも議会の様子を視聴することができるのは大きなメリットです。
夜間や休日に、自宅で視聴できますので、大変便利です。

議会は今、何を課題とし、どんな議論をしているのか。映像によるリアルな質疑の視聴は、住民にとって最高の町政理解手段です。

こうした措置があれば、函南町議会はより真剣で活発な議論の場となり、
結果として町議会に対する町民の関心や参画が着実に進んでいきます。

静岡県東部地域14市町の中では、三島市沼津市伊東市伊豆市長泉町清水町熱海市富士市富士宮市御殿場市の10市町で既に実施されています。(注:下線文字をクリックすると各該当ページに繋がります。)
上記市町のどれでも一つ、クリックして閲覧してみて下さい。映像の効果がいかに高いかが解ります。

実施していないのは函南町を含む4市町です。
もしかしたら函南町の議員は、自らの議員活動が町民の前にクリアになることに自信がないのでしょうか。
あるいは単に“時代の進歩に乗り遅れた”怠慢なのでしょうか。







当ページに対するご意見やご回答の連絡先は、トップページ(Home)に記述してあります。

 
 Homeへ